•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こんにちは、デザイナーのMHです。

前回から、Adobeのソフト「Adobe After Effect(以下Ae)」を使って、簡単な動画やアニメーション制作の勉強を始めました。

 

今回は、Adobe Bridgeと連携して文字にアニメーションをつける方法です。

>>前回の記事はこちら

【ゼロから学ぶAdobe After Effect】アニメーションの背景透過素材の作り方

>>前シリーズ「絶対に覚えておきたいAdobe XD」の記事を初めから読む

Adobe XDではリピードグリッドを活用しよう【絶対に覚えておきたいXD】

 

1, Adobe Bridgeとは?多数のアセットを管理する最強ソフト

 

Adobe AfterEffect(以下Ae)においてアニメーション作成を行う方法はいくつかあります。今回はその中でももっとも簡単にハイクオリティなテキストアニメーションを適応させられる方法を見ていきましょう。

使用するのは「Adobe Bridge」(以下Br)。

画像など、Adobe関連のソフトで作成したファイルを一括管理できるソフトです。

Adobe Creative Cloud(CC)やPhotoshopにはセットついてきて、そのほか該当プランであれば無料で利用することができますよ。

Adobe Bridge強力クリエイティブアセット管理ソフトです。複数のクリエイティブアセットすばやく簡単プレビュー、整理、編集し、公開できます。メタデータ編集。アセットキーワード、ラベル、評価を追加。コレクションよるアセット整理、強力なフィルター機能高度メタデータ検索機能使用したアセット検索などが可能です。ライブラリ使用した共同作業Adobe Stockへの公開も、Bridgeから直接おこなうことができます。(出典:Adobe)

 

Brはソフト間で制作データを共有したいときなどにも非常に有用なソフトですが、今回は、Brにもともとプリセットとして入っていたアニメーションエフェクトを適用する方法をチェックしましょう。

 

2,Adobe Bridgeを使ってAfterEffectでアニメーションを作る!やり方は?

 

さて、肝心の使い方ですが非序にシンプルです。

まずはAeでいつも通りテキスト編集を行います。

入力し終えたら、テキストを選択した状態でタブから「アニメーション」→「アニメーションプリセットを参照」と進みます。

この時点でBrがインストールされていれば、Brが自動で立ち上がります。未インストールであればインストールを促されますので、従ってインストールしましょう。

 

ここからはBrを操作します。

Aeのプリセットは「アプリケーション」→「Adobe  AfterEffects」→「Presets」に、以下の様に保存されています。

今回はテキストに適用できるアニメーションが見たいので、「Text」のフォルダを選択。

 

イン、アウトなど、状況別に十分すぎるプリセットが用意されています。適したものを探しましょう。

尚、プリセットは一度クリックすると画面右側で動きをプレビューできます。

 

適用は該当のエフェクトをダブルクリックで完了。

Aeの編集画面へ戻りましょう。テキストのレイヤーにアニメーションが付与されており、再生して問題なくアニメーションが適用されていればOKです。

 

3,Adobe Bridgeで制作の幅が広がる!CCユーザーは要チェック

 

いかがでしたか?Brのプリセットを活用すれば、誰でも簡単にテキストアニメーションを作成することができます。

ただぽんとテキストを配置するだけなのと動きがあるのとでは動画の見栄えがガラッと変わります。ぜひAeでテキストを配置する際はBrのプリセットを活用してみてください。

 

本記事の内容を使って作成した動画はこちら

 

>>前回の記事はこちら

【ゼロから学ぶAdobe After Effect】アニメーションの背景透過素材の作り方


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •