•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こんにちは。デザイナーのMHです。

本日は以前もご紹介したAdobe Photoshopの新機能、ニューラルフィルターから、

カラー化機能についてご紹介します。

 

色を持たない画像までもカラー化してしまえるこの機能、他のフィルター同様

使い方はとても簡単です。ただ知っておかないともったいない!ということで、

この記事にたどり着かれた方はぜひ試してみてくださいね。

 

ニューラルフィルターについてはこちらもどうぞ>>

ザラザラ画像にさようなら!Photoshopニューラルフィルターのノイズクリア機能

ザラザラ画像にさようなら!Photoshopニューラルフィルターのノイズクリア機能

前回の記事はこちら>>【photoshop】色相明度彩度とは?色合い、明るさ、トーンカーブを編集する

【photoshop】色相明度彩度とは?色合い、明るさ、トーンカーブを編集する

1、ニューラルフィルター「カラー化」の使い方

まずはカラー化処理の手順からチェックしましょう。

 

  1. フラスコのアイコン「ベータ版フィルター」を選択
  2. 「カラー化」フィルター機能を選択。スイッチをオンにします。
    未ダウンロードの場合はダウンロード
  3. 自動で処理が始まります。右上の円が消えたら終了です。

 

2、ニューラルフィルター「カラー化」の精度は?

それでは早速カラー化を試してみましょう!今回使うのはこの写真です。

 

先ほど記したの手順でカラー化処理をしてみると…

モノクロ写真に色がつきました!

木、花、空とほぼしっかり色が分かれて付いています。

 

この処理を行ったモノクロ画像ですが、今回フィルターを試すために一度

モノクロ処理したものを使っています。

ということで、モノクロ処理前の元画像と、カラー化処理をした画像を比べ、カラー化の精度が

どのくらいのものか見てみましょう。こちらです。

 

赤丸で囲んだあたりですが、少し色にじみが気になります。

街灯の映り込みのように境界が曖昧だったり、細かい被写体同士の間は処理が難しいように感じます。

枝と空のように境界もコントラストもはっきりしている部分は問題ないですね。

 

また、少し黄味が強く処理されてしまっているように見えます。

これに関しては処理設定を行う画面で調節できます。

「カラー」のボックス内で色を選び、上のプレビュー画面でその色を当てたい場所をクリック。

もしくは下のカラーバランスのバーを調節で全体の色味を変えられます。

 

 

3、モノクロ写真に色が宿る!カラー化機能は重宝待った無し

 

ニューラルフィルターのカラー化機能、いかがでしたでしょうか?

掲載はできませんが、よく教科書に載っていたモノクロ写真しかない偉人の

写真を試しに処理してみたところ、初めて色が付いたところが見られて何だか感動しました(笑)

この機能の精度がもっと上がれば、一つ一つマスクをかけて…なんていうカラー化の作業は

いずれ無くなってしまいそうですね…!

 

それでは、本日はここまでです。

また次回もよろしくお付き合いくださいませ。

 

ニューラルフィルターについてはこちらもどうぞ>>

ザラザラ画像にさようなら!Photoshopニューラルフィルターのノイズクリア機能

ザラザラ画像にさようなら!Photoshopニューラルフィルターのノイズクリア機能

前回の記事はこちら>>【photoshop】色相明度彩度とは?色合い、明るさ、トーンカーブを編集する

【photoshop】色相明度彩度とは?色合い、明るさ、トーンカーブを編集する


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •