都内でアプリ開発の発注を検討する企業様は【Vermuda LLC,】へ

都内でアプリ開発の発注を検討する企業様は【Vermuda LLC,】へ

都内アプリ開発発注を検討している企業様は、ぜひ【Vermuda LLC,】へご相談ください。

WEBサイトやシステムの開発をはじめ、iOSやAndroidのアプリ開発などを行い、皆様の業務をより便利にするお手伝いをいたします。経験豊富なスタッフが親身に対応いたしますので、安心してお任せください。

iPhone(iOS)とAndroidにはどのような違いがある?

現在多くの方が使用しているスマホには、主にiPhoneとAndroidの2種類が存在します。そのため、アプリ開発の際にどちらを対象にするか悩む企業様は少なくありません。iPhone(iOS)とAndroidの違いについて、こちらで簡単にご紹介いたします。

OSが異なる

スマホのOSには、iPhoneの「iOS」と、その他のスマホで主に使われる「Android」が大部分を占めています。Apple社が開発したiOSは、Macintoshコンピュータのオペレーティングシステムをタッチパネルの端末に最適化し、再構成したものです。そして、Google社が開発したAndroidは、特許はGoogle社にあるものの、各メーカーが自由にオリジナル商品を設計できるという特徴があります。

開発言語が異なる

iOSの場合は「Swift」や「Objective-C」、Androidは「Java」というプログラミング言語で開発するのが基本です。最近では1つのソースコードを用いて異なるプラットフォーム向けのアプリを開発することも可能ですが、ボタンの数やアプリ間でのデータの受け渡しといった違いを確認しなくては、不自然な仕上がりになってしまう点で注意が必要です。

シェア率が異なる

国内でのiOSとAndroidのシェア率は、ほぼ半々の状態です。ただ、世界的なシェア率を見るとiOSよりもAndroidが圧倒的に多く、どこまでターゲット層を伸ばすかでどちらを選ぶかが決まってきます。

プラットフォームが異なる

iOSの場合は「Apple Developer Program」、Androidの場合は「Google Play Developer」へ登録し、手続きを行う必要がございます。登録料金や審査基準も異なり、通常iOSはAndroidよりも基準が厳しく審査期間も長くなってきます。登録料金が高いのもiOSです。ただ、Androidのように審査に通りやすいと競合アプリも多くなるため、どちらが良いとは一概には言えません。

アプリ開発は都内の【Vermuda LLC,】にお任せください~見積もりはお気軽に~

アプリ開発は都内の【Vermuda LLC,】にお任せください~見積もりはお気軽に~

アプリ開発は都内に位置する【Vermuda LLC,】にお任せください。

iOSとAndroid両方に対応したアプリ開発も可能です。都内を中心に発注を承りますので、見積もりに関しましてはお気軽にお問い合わせください。

お役立ちコラム

都内でアプリ開発の依頼をお考えなら【Vermuda LLC,】へ

会社名 合同会社Vermuda(Vermuda LLC.)
本社 〒145-0071 東京都大田区田園調布1丁目15-6 UNE MAISON 102号室
電話番号 03-6873-3068
URL https://vermuda.jp

お見積いたします。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

お客様のご要望とご予算に応じて最適なソリューションをご提案いたします。
VRの開発やアプリ開発以外でも、ぜひ一度ご相談ください。