•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

アプリ担当の木村です。今回はPythonのお話です。

PythonでJsonを扱う必要があり、組み込みの機能だと
若干扱いにくかったので簡単にPythonでJsonを更に扱いやすくなるような
クラスを作成しました

Pythonをきちんと触ったのは初めてなので若干使い方がおかしかったり、
そもそも既存の機能にあるかもしれません。

目標

PythonでJsonを扱う際に
Python、Json間はMapじゃないとできない。
これだと、クラス化するにはクラスごとに記述しなくてはいけなく、
またクラスからJsonを出力するさいもクラスごとに処理を書かなくてはいけない。
これは**とても面倒**である

そのため、Jsonのkeyと変数名から自動でシリアライズして
変数名からJson化してくれるようなクラスを作成する

ソースコード

今回のクラスはこんな感じになりました。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import sys
import json


class JsonAdapter(object):
	# jsonからシリアライズ
	def Serialize(self, argJsonData) :

		jsonData = argJsonData
		if isinstance(argJsonData, basestring ) :
			jsonData = json.loads(argJsonData)

		for key in self.__dict__.keys():
			if isinstance(getattr(self,key), JsonAdapter ) or getattr(self,key) == None :
				valclass = getattr(self,key)
				if valclass == None :
					valclass = getattr(sys.modules["Classes.DataPDO"],key)()

				valclass.Serialize(jsonData[key])
				setattr(self,key, valclass)

			elif isinstance(getattr(self,key), int ) :
				setattr(self,key, int(jsonData[key]))
			else :
				setattr(self,key, jsonData[key])

	# Jsonを出力
	def ToJson(self):
		jsonDict = self.__ToDictionary()
		jsonstring = json.dumps(jsonDict, ensure_ascii=False)
		return jsonstring

	#Mapを作成
	def __ToDictionary(self):
		jsonDict = {}
		for key in self.__dict__.keys():
			if isinstance(getattr(self,key), JsonAdapter ) :
				jsonDict.update({key : getattr(self,key).__ToDictionary()})
			else :
				jsonDict.update({key : getattr(self,key)})
		return jsonDict






軽く解説をすると

def Serialize(self, argJsonData) :

では、jsonから一旦Dictionaryを作成し、

変数名をkeyとして値を取っています。
またクラスの場合はクラスを生成して、再度シリアライズしています。

`ToJson(self):`

では逆に変数名をkeyとしたDictionaryを作成し、

Json化しています

使いかた

サンプルコードは以下になります。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

import JsonAdapter

class Test(JsonAdapter.JsonAdapter):
    def __init__(self):
        self.num = 0
        self.str = ""
        self.test2 = Test2()

class Test2(JsonAdapter.JsonAdapter):
    def __init__(self):
        self.num = 0
        self.str = ""


if __name__ == "__main__":
    json = """{"test2": {"num": 200, "str": "def"}, "num": 100, "str": "abc"}"""
    test = Test()
    # 初期状態
    print test.ToJson()

    test.Serialize(json)

    #シリアライズした後
    print test.ToJson()








Python{"test2": {"num": 0, "str": ""}, "num": 0, "str": ""}
{"test2": {"num": 200, "str": "def"}, "num": 100, "str": "abc"}

初期状態とシリアライズ後の結果出力しました。

正常にシリアライズができ、また出力も問題ないことが確認できるかと思います。

注意点としてはPDOクラスに継承さえる必要があるのと、
変数名とkey名を統一しなければならない点です。
以上です。
きちんと触って思ったことですが
Pythonって面白いですよね

お見積いたします。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

お客様のご要望とご予算に応じて最適なソリューションをご提案いたします。
VRの開発やアプリ開発以外でも、ぜひ一度ご相談ください。

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

VRの開発やアプリ開発などのご依頼は【Vermuda LLC,】へ

【Vermuda LLC,】ではVRの開発やWEBシステム、アプリの開発などを通し、皆様の業務を楽しく便利にするお手伝いをしております。特にVRは近年注目を集めているマーケティングツールで、スマホを使った販促活動にも役立ちます。会社が売り出す商品やサービスが3Dで立体的に見えると、より顧客の知的好奇心を刺激することが可能です。会社の魅力が伝わるVRやアプリ開発の依頼先を探しておりましたら、ぜひ【Vermuda LLC,】へご依頼ください。見積もりは随時承っております。