•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

こんにちは、デザイナーのMHです。

 

さて、ここまで数回にわたりAdobe XDの基本的な知っておきたい機能を

紹介してきました。

今回からは少し進んで、ワイヤーフレームでありながら動きをつける

ことができるというXDの持ち味を生かした機能紹介をして行きたいと思います。

今回は「スクロール時に特定のオブジェクトの位置を固定する」方法です。

早速みて行きましょう。

 

>>絶対に覚えておきたいAdobe XDの記事を初めから読む

Adobe XDではリピードグリッドを活用しよう【絶対に覚えておきたいXD】

 

>>前回の記事はこちら

XD時短術!リピートグリッドに画像とテキストを流し込む方法【絶対に覚えておきたいAdobe XD】

 

1、スクロールしても流れていかない!オブジェクトを固定

まず、これまでのXD基本操作編で作成した素材を元に、

架空のスマホアプリの1ページを想定して作ってみました。こんな感じです。

Adobe XDではこの作成したページを、実際にスクロールしたりタップしたら

どんな見え方をするかチェックすることができるんです。これについては

後ほど詳しく説明します。

 

さて、ご覧の様にこのページにはフッターメニューページトップに戻るボタンが

あるのですが、このままだと当然スクロールするに従ってこの2つも

ページの上へ上へ流れていってしまいます。

 

フッターメニューとページトップに戻るボタンは常にページ下部分に

固定しておきたいので、以下の操作を行いましょう。

 

①固定したいオブジェクトを固定したい位置で全て選択する

②「スクロール時に位置を固定する」にチェックを入れる

 

固定するための操作はこれだけです。あとはこれが本当に固定されているか

確かめましょう。それが③の操作です。

先程少しお話した、ワイヤーフレームなのに実際に

スクロールしたりタップしたりできるというXDの特権です。

 

2、ワイヤーフレームなのに操作できる?!デスクトッププレビュー

③のデスクトッププレビューボタンを押すと、作成したアートボードが

別窓で開きます。

表示される範囲は新規アートボード作成時に選んだ想定デバイスの画面範囲のみで、

スクロールすれば実際のアプリやサイトでの操作のように

ページの下の方も見ることができます。

動いている様子を掲載できないのが残念ですが、アートボードが下の方まで

スクロールされているのに、先程固定したオブジェクトの表示位置は

そのままなのがお分かりいただけるでしょうか。問題なく設定することができました。

 

 

3、位置固定は超重要!ワンクリックで簡単に設定できる

いかがでしたでしょうか?位置固定は簡単に設定できる上に、

様々な状況を想定して活用できます。

今回の様にフッターメニューやページトップに戻るボタンだけでなく、

ポップアップやキーボードが表示されている状態のページも作ることができますよ。

 

実際にプレビューでページをスクロールしてみることで、見えやすさや

表示位置は適切かどうかなどを確認することも重要です。

 

Adobe XDについての詳細は、公式ページからご確認ください。

 

それでは今回はここまでとなります。

次回もまたよろしくお付き合いくださいませ。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •