•  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

初めまして、Masaです。現在、Ruby on Railsでアプリの開発をしております。色々と拙い文だと思いますが、温かい目で見守ってもらえると助かります。

まずはActive Adminとはどういうものなのかを説明します。

Active Adminとは管理用画面を簡単に作成できるgemです。CRUD機能や画面レイアウトをActive Admin側で作成してくれます。

また、jQueryで便利な機能も付いているので管理画面を作る上でとても便利なgemです。

 

Active Adminのインストール

Gemfileに以下のコードを追加し、bundle installすることでActive Adminをインストールします。※deviseもActive Adminで使用するので必須です。

gem 'activeadmin'
gem 'devise'
bundle install

インストールが完了後はActive Adminを適用するために必要なファイルを作成します。

rails g active_admin:install

設定用ファイルのなかにmigrationファイルも作成されるのでmigrationを実行してあげましょう。

rails db:migrate

ログイン用にseed.rbでユーザーを作成しておきましょう。

rails db:seed

rails sなどしてサーバーを立ち上げ、http://localhost:3000/adminにアクセスするとActive Adminのログイン画面が表示されると思うので先ほど作ったログイン用のユーザーでログインしましょう。

この状態ではログインできただけで味気ないので他にmodelを追加していき、管理画面を追加しましょう。

 

管理画面の追加

今回はHogeモデルを追加していきましょう。モデルを作成した際はmigrationを実行することを忘れずに!

rails g model Hoge name:string
rails db:migrate

次に、Hogeモデルを管理するために必要なファイルを作成しましょう。

rails g active_admin:resource Hoge

再度、またサーバーを立ち上げ、管理画面を確認してみると管理画面にHogeが追加されています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。導入するだけなら簡単でとても使いやすいgemだと思います。管理画面を作る上でとても便利なgemでポートフォリオで管理画面を作成したい時など使ってみると良いかもしれないですね。次回は基礎編ということでフォームの編集の仕方や設定周りを書いていこうと思います。

以上です、ここまで見てくださりありがとうございました。


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •