MENU

    海外からパリオリンピック2024を配信で視聴する方法!VPNを使えば海外でもパリ五輪を楽しめる

    海外からパリオリンピック2024を配信で視聴する方法!VPNを使えば海外でもパリ五輪を楽しめる

    海外からパリオリンピックって見る事はできるのかな?

    簡単に海外からパリオリンピックを見れる方法が知りたい

    いよいよ2024年7月26日からパリ五輪(オリンピック)が開催されます。海外からオリンピック2024を見るためには、TVerやNHKプラスなどの動画配信サービスが便利です。

    しかし、海外からのアクセスにはVPNが必要です。

    事前にVPNをダウンロードして配信サービスを利用しましょう。

    VPNを使って日本のサーバーを経由すれば、簡単に海外からオリンピックの日本語実況を楽しめます。

    パリオリンピック2024は、さまざまな動画配信サービスを通じてネットでも視聴可能です。

    日本の動画配信サイトは、海外からそのままでは視聴できません。

    VPNというサービスを使って視聴する必要があります。

    この記事では、VPNを使って海外からオリンピックを視聴する方法を解説します。

    ※ 2024年7月時点で視聴を確認できている方法です

    目次

    パリオリンピックの開催日程は?

    パリオリンピック2024の開催日程は、以下のとおりです。

    開催地フランス・パリ
    競技日程2024年7月24日(水)~
    2024年8月11日(日)
    開会式2024年7月26日(金)
    閉会式2024年8月11日(日)

    海外からパリオリンピックが見れない理由

    TVerは全世界で利用できるサービスですが、地域によってアクセス制限があります。

    海外からアクセスすると「この動画は、お住まいの国では公開されていません。」と表示されます。

    これはジオブロックによる制限で、IPアドレスから日本国内か海外かを判断します。

    視聴できない理由は著作権の問題で、動画の配給元との配信契約が日本限定だからです。

    VPNを利用すれば、海外からでも規制されている動画を見られます。

    VPNを使って日本の疑似的なIPアドレスに接続し、日本からアクセスしているように見せかけるのです。

    まずはVPNを利用してジオブロックを解除しましょう。

    地域制限(ジオブロック)とは

    海外で日本の動画配信サービスが見れないという問題は、地域制限、別名ジオブロックと呼ばれる現象によるものです。

    ジオブロックとは、インターネット上のコンテンツが一定の地域内でのみ閲覧可能で、その他の地域からはアクセスが制限されることを意味します。

    この制限は、ウェブサイトやオンラインサービスがユーザーのIPアドレスを特定し、その情報を元にユーザーの位置を判断することで成り立っています。

    例として、日本国内限定で設定された動画配信サービスに日本国外からアクセスしようとすると、「この地域では使用できません」というメッセージが現れ、視聴が不可能になります。

    このような地域制限は、著作権やライセンス契約、各地域の法律や規則などの様々な要因によって設定されることがあります。

    海外からパリオリンピックを見る方法!VPN利用で快適に視聴可能

    海外からパリオリンピックを見る場合はVPNの利用がおすすめです。

    VPNは「仮想専用線」といわれており、海外から日本のサービスを利用する際に、日本のサーバーを経由してアクセスできるため、パリオリンピックなど海外で視聴できない番組や動画配信サービスを楽しむことができます。

    VPNは「仮想専用線」といわれており、海外から日本のサービスを利用する際に役立ちます。

    VPNを使えば、日本のサーバーを経由してパリオリンピック2024などを視聴できます。

    多くの動画配信サービスはIPアドレスでアクセス元の国を判断し、アクセス可否を決定します。

    TVerも例外ではなく、日本国内のIPアドレスでなければアクセスできません。

    しかし、VPNを使えばIPアドレスを変更できるので、海外からでも視聴可能になります。

    VPNに接続したサーバーの国から訪問しているように見せかけられます。

    日本サーバーがあるVPNサービスを利用すれば、TVerに日本からのアクセスだと認識させられます。

    非常に便利な方法ですが、信頼できるサービスプロバイダーを選びましょう。

    不明な出所やセキュリティが不十分なVPNは、個人情報が漏れる危険性があります。

    VPNの利用は慎重に行ってください。

    VPNとは

    「VPN」という用語は、「Virtual Private Network」の略称で、日本語では「仮想専用線」と表されます。これは、実際に存在する専用の回線のように機能する仮想的なネットワークを指します。

    この技術は、ユーザーとWebサービスの間に特別な通信チャンネル、すなわち「専用トンネル」を作成し、そこを通じてデータのやり取りを行うことで、通信の安全性とセキュリティを高めるものです。

    送信側、受信側にそれぞれに設置した機器で「カプセル化」と呼ばれる処理を行うことで、第三者には見えない仮想的なトンネルを形成して通信する仕組みです(「トンネリング」)。

    VPN接続とは?VPNの基本とメリット・デメリットを紹介|ICT Digital Column

    公共の無料Wi-Fiを利用する際や、異なる場所間でデータの交換が必要な場合に、インターネット上でのセキュリティを強化する目的でVPNが使用されます。

    さらに、日本国内でアクセスが制限されているサービスに繋げたい時や、規制

    海外からパリオリンピックを見るのにおすすめのVPN3選

    NordVPN

    NordVPN
    サービス名NordVPN
    月額料金月560円〜
    サーバー数5500台以上
    サーバー設置国数60ヵ国以上
    運営国パナマ共和国
    暗号化アルゴリズムAES-256bit
    同時接続台数6台
    ノーログポリシーノーログポリシー対応
    対応OSWindows、MacOS、
    Linux、Android、iOS
    運営企業NordVPN s.a.

    \ 30日間全額返金保証付き /

    NordVPNは、セキュリティ企業であるNord Securityが提供しているVPNアプリです。

    VPNサービスの中でも特に有名であり、累計利用者数は1,500万人を突破するほど人気が高く、世界中で利用されています。

    現在NordVPNには3つのパッケージがあります。

    • スタンダードプラン : VPNサービスのみ
    • プラスプラン : VPNサービス + パスワード管理
    • コンプリートプラン : VPNサービス + パスワード管理 + 1TBのクラウドストレージ

    純粋にVPNだけが必要な場合はスタンダードプランの選択で間違いありません。

    複雑な設定が必要ないので、VPN初心者の方でも簡単にサービスを始めることができ、大変おすすめです。

    サポートなど一部は英語表記となっているため、翻訳機能を用意しておくと安心です。

    ExpressVPN

    サービスExpressVPN
    月額料金6.67ドル~
    VPNサーバ数3,000台以上(94ヶ国60都市)
    暗号化アルゴリズムAES-256bit
    同時接続台数5台
    返金保証30日間

    \ 30日間全額返金保証付き /

    ExpressVPNは、Express VPN Internationalが開発および運営しているサービスです。

    データ保持法が無いイギリス領ヴァージン諸島を拠点としており、ユーザーのプライバシーを配慮したノーログポリシーを実現しています。

    日本を含めた世界94ヵ国に3,000台以上のサーバーを設置しており、日本版Netflixを海外からでも快適に視聴することが可能です。

    暗号化技術は最高品質といわれている「AES-256 bit」を採用しているため、海外から日本サービスを安全に利用できます。

    利用料金は為替レートによって変動する可能性があるため、ExpressVPNを使い始める場合は円高になったタイミングで購入したり長期プランで契約するなど工夫すると良いです。

    Surfshark

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: surfshark.webp
    サービスSurfshark
    月額料金365円~
    VPNサーバ数3,200台以上(100ヵ)
    暗号化アルゴリズムAES-256-GCM
    同時接続台数無制限
    返金保証30日間

    \ 30日間全額返金保証付き /

    Surfsharkは、サイバーセキュリティ企業「Surfshark B.V.」が開発および運営しているVPNサービスです。

    当初は「Surfshark Ltd.」としてイギリスヴァージン諸島に拠点を置いていましたが、2021年10月頃に別会社として「Surfshark B.V.」を設立し、オランダのアムステルダムに会社を構えています。

    世界100ヵ国に3,200台以上のサーバーを設置しているため、様々な国のサーバーに接続できます。

    そのためSurfsharkを利用して、海外から日本版Netflixの動画を見ることが可能です。

    暗号化技術は軍事レベルの品質である「AES-256-GCM」なので、安心安全に海外から日本のサービスを利用できます。

    また厳格なノーログポリシーに基づき、ユーザーの閲覧履歴や通信内容などの情報を保存していません。

    このため匿名性と安全性を両立させ、ユーザーに快適な環境を提供しています。

    Surfsharkの最大の特徴は、同時接続台数が無制限であることです。

    1つのライセンスで複数のデバイスに接続できることから、家庭や企業で共有して利用することも可能です。

    30日間返金保証付きで利用料金も良心的なので、初心者でも気軽に始められます。

    VPNを使い海外からパリオリンピックを見る具体的な手順

    • VPNを契約する
    • VPNのアプリをインストールする
    • VPNで日本のサーバーに接続する
    • パリオリンピックが見れる動画配信サービスに会員登録する
    • 動画配信サービスでパリオリンピックを視聴する

    VPN(NordVPN)を契約する

    NordVPNのトップページから「お得の購入」をクリックします。

    その後、料金プラン・支払い方法・決済情報の入力など、画面の指示に従って契約を行います。

    料金プランは、1ヶ月、1年、2年と3つ用意されています。短期間だけの利用であれば1ヶ月プランでOK。今後も海外で利用する場合は1年プランや2年プランで契約すると契約年数に応じて月額料金が安くなります。

    VPN(NordVPN)のアプリをインストールする

    次にNordVPNのアプリをインストールします。App StoreかGooglePlayから「NordVPN」と入力し検索、公式アプリをインストールしてください。

    NordVPN:高速・安心セキュリティ対策&ネットワーク保護
    NordVPN:高速・安心セキュリティ対策&ネットワーク保護
    開発元:Nordvpn S.A.
    無料
    posted withアプリーチ

    VPN(NordVPN)で日本のサーバーに接続する

    海外からTVerを見るには、VPN接続が必要になります。

    VPNアプリのインストールを終えたら、アプリを起動してログイン画面を表示します。

    続いて、契約した際に設定したメールアドレスとパスワードを入力します。

    2段階認証を設定している場合は、認証コードも入力してください。

    VPNにログインしたら、検索画面から日本を検索します。

    日本サーバーを選択し「接続中」と表示されていれば、これで自由に日本のサービスやコンテンツを使えるようになります。

    パリオリンピックが見れる動画配信サービスに会員登録する

    TVerは、2024年パリ五輪のネット配信を行うメインプラットフォームでもあり、ほぼ全競技のライブ配信を実施する予定です。

    VPNの契約が済んだら、パソコンやスマホに契約したVPNのアプリをダウンロードしましょう。

    パリオリンピック2024の視聴方法はブラウザで「TVer」にアクセスするか、TVerアプリを利用してください。

    動画配信サービスでパリオリンピックを視聴する

    VPN接続も会員登録も済んだので、後はTVerの公式サイトにアクセスして見るだけです。

    VPNを利用すると、航空券やホテルの料金が安くなる特典もあります。

    年間で数万円も節約できる場合があり、家計にも大きなメリットです。

    ぜひ利用してみてください。

    無料VPNで海外からパリオリンピックを見ることはできる?

    • ユーザーの行動が追跡されている可能性がある
    • ユーザーの活動データが広告業者に送られている
    • 信頼性の低い運営元からの個人情報の流出
    • 暗号化技術が不十分で、セキュリティが弱い

    結論から申し上げますと、無料VPNでも海外からTVerを視聴することはできます。

    しかし、ほとんどの無料VPNは暗号化技術が脆弱であったり個人情報を第三者に売買されている場合が多く、様々なリスクに晒される可能性が高いです。

    無料VPNの実態

    有料サービスの方が良いと聞くけれど、できるだけ出費は抑えたいので無料VPNを利用したいと考えている人もいるかと思います。

    しかし、無料VPNは運営元が不明なケースが非常に多いです。

    そもそもユーザーにVPNサービスを提供するには、開発費やサーバー維持費、メンテナンス費など様々な費用がかかります。

    運営元がはっきりしている有料VPNサービスの場合は、利用者から定期的に料金を支払ってもらい、その収入で運営しています。

    無料VPNの場合は、広告とユーザーの個人情報を転売することによって収入を得て運営しています。

    VPNの管理者は、ユーザーの個人情報や閲覧履歴などを取得することが可能です。

    ユーザーのアカウントIDやパスワード、ブラウザ履歴、Wi-Fi接続情報、購入情報など様々なデータを収集して広告業者やマーケットといった第三者に情報を転売し、その報酬として利益を得ています。

    悪質な場合は、マルウェアや保護されていない危険なサイトへのリンクが含まれている可能性があります。

    VPNサービスを無料で提供している一方で、ユーザーのプライバシーを侵害しているのです。

    脆弱なセキュリティ

    無料VPNは暗号化技術が不十分であったり、そもそも重要なデータが暗号化されていない場合が多いためセキュリティが脆弱です。

    それが原因で、ネット犯罪に巻き込まれる可能性があります。

    なぜなら、ハッカーなど第三者からサイバー攻撃を受けた際、脆弱なセキュリティでは簡単に重要な個人情報が盗まれてしまうためです。

    万が一、悪意のある人物に個人情報が渡ってしまった場合は、SNSアカウント乗っ取りやなりすまし詐欺、クレジットカードの不正利用といった犯罪に利用されてしまいます。

    優秀なVPNはユーザーのプライバシーを保護しネットワーク上の安全を提供してくれますが、無料VPNはその真逆でユーザーを危険に晒しているのです。

    そのため、無料VPNの利用は避けておくことを強く推奨します。

    どうしても無料VPNを使うであれば、VPNに接続した状態でネット通販を利用したり個人情報を入力しないことをおすすめします。

    サービス品質が劣悪

    無料VPNはセキュリティに問題があるだけでなく、品質が悪いため不便な思いをすることが多いです。

    例えば、通信が不安定でデータ通信速度が著しく低下したり、データ通信量に制限があり動画がすぐに見れなくなったりします。

    またサーバーの処理機能が低いため、常に回線が混雑している状態になり接続が途切れやすい傾向にあります。

    中には、一番重要な機能であるジオブロックの解除ができないアプリもあります。

    これでは、海外から日本の動画を楽しもうとしてもストレスが溜まるばかりです。

    有料と聞くと抵抗を感じる方もいるでしょうが、ネットワーク上の安全確保と快適性を求めるのであれば、運営元がはっきりしている優秀なVPNサービスを使うことをおすすめします。

    パリオリンピックを見ることができる動画配信サービス

    • TVer
    • NHKプラス

    TVer

    TVer(ティーバー)は民放テレビ局をひとつにまとめたプラットフォームで、約400番組をすべて無料で視聴できます。テレビ放送から1週間以内は見逃し配信もあるため、好きなタイミングで好きな番組を視聴できます。オンライン環境があればスマホ・PC・タブレットから自由に視聴できます。

    パリオリンピックにおける、TVerの概要は以下です。

    • 対象試合: ほぼ全競技・全種目
    • 配信方法: ライブ・見逃し配信
    • 月額料金: 無料

    パリオリンピック競技日程はNHKの特設サイトから確かめることができます。

    パリオリンピックの競技日程 >>

    既に放送された試合もTVerなら無料で見逃し配信で視聴できます。

    NHKプラス

    NHKプラスはNHKの動画配信サービスです。

    このサービスは2020年から開始されており、無料でNHKの番組が放送から1週間見放題となっています。

    NHKプラスでは開会式や閉会式に加え、競泳、陸上、スケートボードなどのNHKが放送する競技も同時配信および見逃し配信する予定です。

    海外からパリオリンピックを見る場合によくある質問

    パリオリンピックを見るためにVPNを使うのは違法?

    VPNの利用に違法性はありません。

    VPNを使ってIPアドレスを変えることは合法です。

    ただし、一部の国では違法とされています。

    使用する前に、その国の法律を確認しましょう。

    中国からでもパリオリンピックを見れますか?

    VPNに接続すればTVerを見られますが、中国でも使えるVPNを選びましょう。

    中国ではVPNの利用が厳しく制限されています。

    認められていないVPNを使うと違法と見なされ、罰金刑を受ける可能性があります。

    制限の理由は、政府に不利な情報の遮断や、海外のSNSサービスへの流出を防ぐためです。

    IT系企業の育成を阻害しないことも理由の一つです。

    ただし、個人で使う分には黙認されていることが多いです。

    実際に中国でVPNを使って摘発されたという報告はほとんどありません。

    VPNを使ってもパリオリンピックが見れない

    VPNからTVerに接続して動画を見る際、途中で見れなくなる場合があります。

    これは他の動画配信サービスでもよく報告されています。

    最も多い原因は、契約しているVPNサーバーがブロックされていることです。

    この場合、一度接続を解除し、別のサーバーに繋ぎ直すとTVerに繋がる可能性が高くなります。

    ただし、VPNのサービスによって差があります。

    無料VPNでは繋がらなくても、有料VPNではアクセスできるケースも多いです。

    途中で途切れずにTVerを見たい方は、有料VPNを優先して選びましょう。

    VPN接続でインターネット速度は遅くなる?

    VPNに接続するとインターネット速度が遅くなりますが、その変動量は状態によってかなりの差があります。

    普通に動く場合もあれば、遅すぎて実質的に止まっている場合もあるので、通信速度の速さに定評があるVPNを導入しても必ずしも快適に見れるわけではありません。

    VPNはサーバーを経由しながら繋ぐという仕様上、利用人数が多すぎて混雑したり、サーバー自体の通信速度が遅かったりすると、どうしても通信速度に影響が出てしまいます。

    できるだけ通信速度を下げずにTVerを見たい方には、サーバーの品質や混雑具合などを考慮しながらVPNを選ぶ事をおすすめします。

    高品質なサーバーの利用に加え、混雑を避けられる時間帯での利用を心掛ければ、より快適にTVerを楽しめるでしょう。

    海外から日本のパリオリンピックを見る方法まとめ

    海外からパリオリンピック2024を見るのに便利なのがVPNサービスです。

    この記事のおさらい
    • パリオリンピックは国外での利用を制限していることから海外で視聴できない
    • VPNを使うことで海外でも日本と同じように見ることができる
    • VPNはパリオリンピックを含む動画配信サービスを使う方にメリットが多い

    この記事では海外からでもパリ五輪(オリンピック)2024をネット配信で視聴する方法を紹介しました。日本国内ではTVerで無料でネット配信を視聴できます。海外からパリオリンピックを視聴したい場合、VPNを利用してTVerにアクセスする必要があり、NordVPNがおすすめです。

    NordVPNは通信速度、セキュリティ、サービス、コスパ等どれをとっても間違いなく最高のVPNです。NordVPNは30日間の無料保証期間があるため、支払いをした後でも30日間以内にキャンセルをすれば全額返金できますので、まずはインストールをしてお使いの環境に適しているかをテストしてみてください。

    目次