MENU

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見る方法!VPNで簡単に日本コンテンツを楽しめる

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見る方法!VPNで簡単に日本コンテンツを楽しめる

    海外旅行中にJCOMオンデマンドを見たいけど、見れなくなった…

    日本では問題なかったのに海外ではJCOMオンデマンドを見れない原因が分からない

    簡単に海外から日本のJCOMオンデマンドを見れる方法が知りたい

    JCOMオンデマンドは、JCOM株式会社が運営するVODストリーミングサービスです。

    作品を検索しやすい操作性の高さが特徴的で、ジャンルを細かく絞って検索できるため視聴したい動画をすぐに見つけることができます。

    そのため、ぜひJCOMオンデマンドで海外から日本コンテンツを楽しみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

    しかし、いざ海外からJCOMオンデマンド公式サイトへアクセスしようとしても、エラーメッセージが表示されてしまうため動画を視聴できないと悩んでいる人もいるかと思います。

    VPNを使うことで、この問題を簡単に解決できます。

    普段使用しているパソコンやスマホに、VPNアプリをダウンロードし日本サーバーに接続するだけで、すぐにJCOMオンデマンドの動画を見ることが可能です。

    今回は、海外からJCOMオンデマンドを見る方法や、おすすめなVPNアプリなどについて詳しくご紹介します。

    ※ 2024年1月時点で視聴を確認できている方法です

    目次

    海外から日本のJCOMオンデマンドが見れない理由

    海外から日本のJCOMオンデマンドが見れない理由は、ジオブロックと呼ばれる現象によるものです。

    JCOMオンデマンドは日本国内のみで提供されているサービスなので、海外では配信されていません。

    海外からJCOMオンデマンド公式サイトへアクセスしようとしても、エラーメッセージが表示されてしまい日本コンテンツを視聴できません。

    なぜなら、著作権やライセンス契約といった様々な問題で、JCOMオンデマンド側が動画を提供できる国や地域を制限しているためです。

    JCOMオンデマンドではIPアドレスによってユーザーの位置を判別し、ユーザーのアクセス可否を決めています。

    IPアドレスとは、インターネット上で通信するための住所で、スマホやパソコンなどネットワーク上の各機器に割り当てられています。

    メールの送受信やインターネットのページを閲覧する際に、データの送信元と送信先の居場所を識別する必要があります。

    この識別に使われているのがIPアドレスで、識別番号によってどこからアクセスしているのかが分かるようになっているのです。

    そこで、VPNを使用することによって疑似的なIPアドレスに接続し、あたかも日本国内からアクセスしているかのように見せかけることが可能になります。

    このように、VPNアプリを利用することによってジオブロックを解除でき、海外からJCOMオンデマンドの動画を見ることができるのです。

    地域制限(ジオブロック)とは

    海外から日本のJCOMオンデマンドが見れない問題は、地域制限、別名ジオブロックと呼ばれる現象によるものです。

    ジオブロックとは、インターネット上のコンテンツが一定の地域内でのみ閲覧可能で、その他の地域からはアクセスが制限されることを意味します。

    たとえば、Amazonプライムやネットフリックスなどなどのストリーミングサービスでは、国ごとに配信する映画やアニメが異なります。

    そのため、 海外限定で配信されているコンテンツには、日本からだとアクセスできないようになっているのです。

    この制限は、動画配信サービスやウェブサイトなどでよく行われており、著作権や法律、契約期間など様々な要素が関係しており、基本的にサービス提供国以外からの利用を制限する目的があります。

    地域制限(ジオブロック)は、著作権やライセンス契約、各地域の法律や規則などの様々な要因によって設定されることがあります。

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見る方法!VPN利用で快適に視聴可能

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見る場合はVPNの利用がおすすめです。

    VPNは「仮想専用線」として知られ、海外から日本のオンラインサービスにアクセスする際に便利です。これにより、日本国内のサーバーを通じて接続することが可能となり、海外では利用できないはずのサービスも使用することができるようになります。

    NordVPNなど信頼できるVPNサービスを利用することで、IPアドレスをカモフラージュしてJCOMオンデマンドの動画を見ることが可能です。

    なぜなら、大手運営元では世界中の国と地域にVPN専用のサーバーを設置しているからです。

    スマホやパソコンにVPNアプリをダウンロードして日本サーバーへ接続するだけで、快適にJCOMオンデマンドを視聴できます。

    トンネリング技術や通信情報の暗号化などによってセキュリティを強化できるため、リモートワークやフリーWi-Fiを利用する際も安全にネットワークにアクセスすることが可能です。

    ただし、無料VPNなど運営元が不明であったり暗号化技術が不十分なサービスを使用すると、個人情報を盗まれる可能性があります。

    VPNを契約する際は、運営元がはっきりしている有料VPNを使うことをおすすめします。

    VPNとは?

    VPN(Virtual Private Network)とは、仮想専用ネットワーク(仮想プライベートネットワーク)の略で、インターネット接続とオンラインのプライバシーを保護する仕組みです。

    VPNは、専用のルーターやスイッチを使い、物理的に離れた場所にある拠点間を仮想的な社内ネットワークでつなぎ、安全なデータ通信を実現する技術です。VPNを利用すると、自宅でも社内のインターネット回線で通信が可能になります。

    この技術は、ユーザーとWebサービスの間に特別な通信チャンネル、すなわち「専用トンネル」を作成し、そこを通じてデータのやり取りを行うことで、通信の安全性とセキュリティを高めるものです。

    送信側、受信側にそれぞれに設置した機器で「カプセル化」と呼ばれる処理を行うことで、第三者には見えない仮想的なトンネルを形成して通信する仕組みです(「トンネリング」)。

    VPN接続とは?VPNの基本とメリット・デメリットを紹介|ICT Digital Column

    公共の無料Wi-Fiを利用する際や、異なる場所間でデータの交換が必要な場合に、インターネット上でのセキュリティを強化する目的でVPNが使用されます。

    さらに、日本国内でアクセスが制限されているサービスに繋げたい時や、規制が厳しい国々から日本のサービスを使いたい場合などにも、VPNサービスが利用されることが多いです。

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見るのにおすすめのVPN3選

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見るのにおすすめのVPNを紹介していきます。

    NordVPN

    NordVPN
    サービス名NordVPN
    月額料金月560円〜
    サーバー数5500台以上
    サーバー設置国数60ヵ国以上
    運営国パナマ共和国
    暗号化アルゴリズムAES-256bit
    同時接続台数6台
    ノーログポリシーノーログポリシー対応
    対応OSWindows、MacOS、
    Linux、Android、iOS
    運営企業NordVPN s.a.

    \ 30日間全額返金保証付き /

    NordVPNは、セキュリティ企業であるNord Securityが提供しているVPNアプリです。

    VPNサービスの中でも特に有名であり、累計利用者数は1,500万人を突破するほど人気が高く、世界中で利用されています。

    ノーログポリシーを掲げており、ユーザーの通信ログなどのデータが記録されません。

    データ保持法のないパナマで運営しているため、ユーザーの通信記録や閲覧履歴が残らずオンラインプライバシーを保つことを可能にしています。

    世界60ヵ国に5,500台以上のサーバーを設置しているため、JCOMオンデマンドなど日本のサービスを海外からでも利用できます。

    暗号化技術は政府機関や軍でも使用されている「AES-256 bit」を採用しており、非常に高性能なプロバイダーです。

    さらに、NordLynx(ノードリンクス)という独自プロトコルによって、通信速度は世界最速を誇っています。

    多くのVPNサービスは物理的な問題で通信速度が低下しますが、NordVPNなら動画視聴やテレビ電話を問題なく使えます。

    複雑な設定が必要ないので、VPN初心者の方でも簡単にサービスを始めることができ、大変おすすめです。

    サポートなど一部は英語表記となっているため、翻訳機能を用意しておくと安心です。

    ExpressVPN

    サービスExpressVPN
    月額料金6.67ドル~
    VPNサーバ数3,000台以上(94ヶ国60都市)
    暗号化アルゴリズムAES-256bit
    同時接続台数5台
    返金保証30日間

    \ 30日間全額返金保証付き /

    ExpressVPNは、Express VPN Internationalが開発および運営しているサービスです。

    データ保持法が無いイギリス領ヴァージン諸島を拠点としており、ユーザーのプライバシーを配慮したノーログポリシーを実現しています。

    日本を含めた世界94ヵ国に3,000台以上のサーバーを設置しており、JCOMオンデマンドを海外からでも快適に視聴することが可能です。

    暗号化技術は最高品質といわれている「AES-256 bit」を採用しているため、海外から日本サービスを安全に利用できます。

    またExpressVPNでは、キルスイッチが搭載されています。

    キルスイッチとは、何らかの理由でVPN接続が切れてしまった時に、データ転送を停止することで個人情報が流出するのを防いでくれる安全装置です。

    このように安全かつプライベートな空間でネットワークを楽しめることから、ユーザーから高い評価を得ています。

    利用料金は為替レートによって変動する可能性があるため、ExpressVPNを使い始める場合は円高になったタイミングで購入したり長期プランで契約するなど工夫すると良いです。

    Surfshark

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: surfshark.webp
    サービスSurfshark
    月額料金365円~
    VPNサーバ数3,200台以上(100ヵ)
    暗号化アルゴリズムAES-256-GCM
    同時接続台数無制限
    返金保証30日間

    \ 30日間全額返金保証付き /

    Surfsharkは、サイバーセキュリティ企業「Surfshark B.V.」が開発および運営しているVPNサービスです。

    当初は「Surfshark Ltd.」としてイギリスヴァージン諸島に拠点を置いていましたが、2021年10月頃に別会社として「Surfshark B.V.」を設立し、オランダのアムステルダムに会社を構えています。

    世界100ヵ国に3,200台以上のサーバーを設置しているため、様々な国のサーバーに接続できます。

    そのためSurfsharkを利用して、海外からJCOMオンデマンドの動画を見ることが可能です。

    暗号化技術は軍事レベルの品質である「AES-256-GCM」なので、安心安全に海外から日本のサービスを利用できます。

    また厳格なノーログポリシーに基づき、ユーザーの閲覧履歴や通信内容などの情報を保存していません。

    このため匿名性と安全性を両立させ、ユーザーに快適な環境を提供しています。

    Surfsharkの最大の特徴は、同時接続台数が無制限であることです。

    1つのライセンスで複数のデバイスに接続できることから、家庭や企業で共有して利用することも可能です。

    30日間返金保証付きで利用料金も良心的なので、初心者でも気軽に始められます。

    VPNを使い海外から日本のJCOMオンデマンドを見る具体的な手順

    • VPNを契約する
    • VPNのアプリをインストールする
    • 日本版JCOMオンデマンドを契約する(VPN接続していない状態)
    • VPNのアプリでJCOMオンデマンドを視聴したい国のVPNサーバーを設定する
    • JCOMオンデマンドにログインし視聴したい海外版に切り替わる

    VPN(NordVPN)を契約する

    NordVPNのトップページから「お得の購入」をクリックします。

    その後、料金プラン・支払い方法・決済情報の入力など、画面の指示に従って契約を行います。

    料金プランは、1ヶ月、1年、2年と3つ用意されています。短期間だけの利用であれば1ヶ月プランでOK。今後も海外で利用する場合は1年プランや2年プランで契約すると契約年数に応じて月額料金が安くなります。

    VPN(NordVPN)のアプリをインストールする

    次にNordVPNのアプリをインストールします。App StoreかGooglePlayから「NordVPN」と入力し検索、公式アプリをインストールしてください。

    NordVPN:高速・安心セキュリティ対策&ネットワーク保護
    NordVPN:高速・安心セキュリティ対策&ネットワーク保護
    開発元:Nordvpn S.A.
    無料
    posted withアプリーチ

    日本版JCOMオンデマンドを契約する(VPN接続していない状態)

    JCOMオンデマンドの動画を見るには、会員登録が必要になります。

    まだ会員登録を行ってない場合は、日本にいる間に手続きを済ませておきましょう。

    また、JCOMに加入していない場合は契約手続きを行い、J:COMパーソナルIDを新規発行する必要があります。

    まずJCOMオンデマンド公式サイトにアクセスし、画面上部にある「アカウント」を押してログインを選択します。

    ログイン画面を表示したら、J:COMパーソナルIDとパスワードを入力してください。

    利用規約の内容を確認して「利用規約に同意してログイン」と書かれたボタンを押せば、JCOMオンデマンドを利用開始できます。

    VPNのアプリでJCOMオンデマンドを視聴したい国のVPNサーバーを設定する

    先述したように、海外からJCOMオンデマンドを見るにはVPNに接続する必要があります。

    VPNアプリのインストールを終えたら、アプリを起動してログイン画面を表示します。

    続いて、契約した際に設定したメールアドレスとパスワードを入力します。

    2段階認証を設定している場合は、認証コードも入力してください。

    ログインしたら、検索画面から日本を検索します。

    日本サーバーを選択し「接続中」と表示されていれば、これで自由に日本のサービスやコンテンツを使えるようになります。

    JCOMオンデマンドにログインし視聴したい海外版に切り替える

    VPNに接続した状態のまま、JCOMオンデマンド公式サイトへアクセスしましょう。

    閲覧中にVPNを切断すると、正しくページが表示されなくなるため注意してください。

    無事にログインできれば、あとは好きなだけコンテンツを楽しむことができます。

    無料VPNで海外から日本のJCOMオンデマンドを見ることはできる?

    • ユーザーの行動が追跡されている可能性がある
    • ユーザーの活動データが広告業者に送られている
    • 信頼性の低い運営元からの個人情報の流出
    • 暗号化技術が不十分で、セキュリティが弱い

    結論から申し上げますと、無料VPNでも海外からJCOMオンデマンドを視聴することはできます。

    しかし、ほとんどの無料VPNは暗号化技術が脆弱であったり個人情報を第三者に売買されている場合が多く、様々なリスクに晒される可能性が高いです。

    無料VPNの実態

    有料サービスの方が良いと聞くけれど、できるだけ出費は抑えたいので無料VPNを利用したいと考えている人もいるかと思います。

    しかし、無料VPNは運営元が不明なケースが非常に多いです。

    そもそもユーザーにVPNサービスを提供するには、開発費やサーバー維持費、メンテナンス費など様々な費用がかかります。

    運営元がはっきりしている有料VPNサービスの場合は、利用者から定期的に料金を支払ってもらい、その収入で運営しています。

    無料VPNの場合は、広告とユーザーの個人情報を転売することによって収入を得て運営しています。

    VPNの管理者は、ユーザーの個人情報や閲覧履歴などを取得することが可能です。

    ユーザーのアカウントIDやパスワード、ブラウザ履歴、Wi-Fi接続情報、購入情報など様々なデータを収集して広告業者やマーケットといった第三者に情報を転売し、その報酬として利益を得ています。

    悪質な場合は、マルウェアや保護されていない危険なサイトへのリンクが含まれている可能性があります。

    VPNサービスを無料で提供している一方で、ユーザーのプライバシーを侵害しているのです。

    脆弱なセキュリティ

    無料VPNは暗号化技術が不十分であったり、そもそも重要なデータが暗号化されていない場合が多いためセキュリティが脆弱です。

    それが原因で、ネット犯罪に巻き込まれる可能性があります。

    なぜなら、ハッカーなど第三者からサイバー攻撃を受けた際、脆弱なセキュリティでは簡単に重要な個人情報が盗まれてしまうためです。

    万が一、悪意のある人物に個人情報が渡ってしまった場合は、SNSアカウント乗っ取りやなりすまし詐欺、クレジットカードの不正利用といった犯罪に利用されてしまいます。

    優秀なVPNはユーザーのプライバシーを保護しネットワーク上の安全を提供してくれますが、無料VPNはその真逆でユーザーを危険に晒しているのです。

    そのため、無料VPNの利用は避けておくことを強く推奨します。

    どうしても無料VPNを使うであれば、VPNに接続した状態でネット通販を利用したり個人情報を入力しないことをおすすめします。

    品質が劣悪

    無料VPNはセキュリティに問題があるだけでなく、品質が悪いため不便な思いをすることが多いです。

    例えば、通信が不安定でデータ通信速度が著しく低下したり、データ通信量に制限があり動画がすぐに見れなくなったりします。

    またサーバーの処理機能が低いため、常に回線が混雑している状態になり接続が途切れやすい傾向にあります。

    中には、一番重要な機能であるジオブロックの解除ができないアプリもあります。

    これでは、海外から日本の動画を楽しもうとしてもストレスが溜まるばかりです。

    有料と聞くと抵抗を感じる方もいるでしょうが、ネットワーク上の安全確保と快適性を求めるのであれば、運営元がはっきりしている優秀なVPNサービスを使うことをおすすめします。

    JCOMオンデマンドの基本情報

    JCOMオンデマンドとは?

    サービス名JCOMオンデマンド
    月額料金(税込)933円(メガパック)
    作品数12万本以上
    無料トライアルなし
    運営会社JCOM株式会社

    JCOMオンデマンドは、JCOM株式会社が運営するVODストリーミングサービスです。

    JCOM株式会社は1995年に株式会社ジュピターテレコムとして設立後、2021年7月に社名を現在のものに変更されました。

    作品を検索しやすい操作性の高さが特徴的で、ジャンルを細かく絞って検索できるため視聴したい動画をすぐに見つけることが可能です。

    2023年12月頃にパラマウント・グローバル並びにWOWOWとの協業でParamount+と提携し、海外の映画やドラマのラインナップが増加され、より一層様々な作品を楽しめるようになりました。

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見る場合によくある質問

    VPNを使うとなぜ海外からJCOMオンデマンドが見れるの?

    VPNを使用すると海外からJCOMオンデマンドが見れる理由は、IPアドレスをカモフラージュしつつVPN専用のサーバーを経由することで、様々な国や地域のインターネットにアクセスできるようになるためです。

    VPNは「トンネリング」と呼ばれる技術によって仮想的な専用回線として成立しています。

    さらに、仮想トンネル内で行き来するデータは再パッケージ化され、まるでカプセルに入れられたかのように外部から覗かれないように隠されます。

    通信データは全て暗号化され、第三者に実際の居住地や重要な個人情報を特定されることはありません。

    VPNに接続さえしていれば、海外から日本のインターネットにアクセスしても、日本に居る時と同じように日本のサービスを快適に利用することが可能なのです。

    VPNを利用してJCOMオンデマンドを安く使う事はできる?

    結論から申し上げますと、VPNを利用してJCOMオンデマンドを安く使うことはできません。

    VPNサービスを利用すると日本に居る時よりも料金がかかるため、なるべく出費を抑えたいと考えている人もいるでしょう。

    ですがVPNはただIPアドレスを偽装するだけでなく、外部からのサイバー攻撃を防ぐなどセキュリティを強化してくれる機能があります。

    例えば、海外の無料Wi-Fiスポットはセキュリティが脆弱であるケースが多く、何も対策しないでそのまま接続してしまうと簡単に個人情報を盗まれる可能性があります。

    VPNに接続すれば、トンネリング技術や高度な暗号化によって第三者から情報を盗まれたり攻撃されるのを阻止することができます。

    このように海外でも安全にネットサービスを使えると考えれば、VPNを活用しつつ通常通り日本サービスを利用した方が良いでしょう。

    VPNを使ってもJCOMオンデマンドが見れない

    VPNを使っているのに、エラーメッセージが表示されJCOMオンデマンドの動画が見れないことがあります。

    その原因はいくつか存在します。

    1つ目の原因として、利用しているVPNサーバーがJCOMオンデマンド側からブロックされている可能性があります。

    動画配信サービスによってはVPNの利用を制限するために、VPNサーバーだと疑われるIPアドレスをアクセス規制していることがあります。

    この場合は、別のVPNサーバーに接続することで解決できます。

    有料VPNであれば、同じ国の中にある複数のサーバーロケーションを選択することが可能なので、気軽に繋ぎ直すことができます。

    2つ目の原因として、ブラウザキャッシュに過去の閲覧履歴が残っていると、VPNに接続した際に影響を及ぼす可能性があります。

    閲覧履歴に海外のアクセス情報が残っていると、VPNで日本サーバーに接続していても動画配信サービス側に海外からアクセスしていると判断される場合があるのです。

    一度VPNを切断してから、ブラウザキャッシュの削除を行うと解決する可能性が高いので試してみて下さい。

    VPN接続でインターネット速度は遅くなる?

    VPNに接続することで、インターネットの通信速度が遅くなることがあります。

    その原因は主に3つあります。

    1つ目は、物理的に遠い場所にあるサーバーを使用することで、通信速度が低下することがあります。

    例えば、日本から台湾のサーバーに接続する場合と、イギリスのサーバーに接続する場合を考えると、当然ながらイギリスの方が通信経路が長くなります。

    地理的に遠いVPNサーバーに接続することでデータの移動距離が長くなってしまい、通信速度に影響を与える場合があります。

    2つ目は、VPNサーバー自体の性能に問題がある場合です。

    VPN本体の質が悪いと、サーバーが近距離にあっても通信速度が落ちることがあります。

    VPNはデータの暗号化を行うため、サーバーの質が悪いとデータ処理に時間がかかり通信速度が低下してしまいます。

    無料VPNではそれが顕著に表れるため、質の高いサーバーを利用したのであれば信頼できる運営元のVPNを利用しましょう。

    3つ目は、同じサーバーを大多数の人が同時に利用していると通信速度が低下する場合があります。

    1つのサーバーが同時に処理できるデータ量は限られており、同時に要求される量が多すぎると処理するのに時間がかかってしまいます。

    NordVPNなど高品質なVPNサービスを利用すれば、これらの問題に悩まされることなく快適にネットワークを利用できます。

    なぜなら、通信速度が安定しているうえ複数のVPNサーバーを持っているためです。

    適切なVPNサービスを選択すれば、インターネット速度が遅くなる心配はなくなります。

    海外から日本のJCOMオンデマンドを見る方法まとめ

    この記事のおさらい
    • JCOMオンデマンドは国外での利用を制限していることから海外で視聴できない
    • VPNを使うことで海外でも日本と同じように見ることができる
    • VPNはJCOMオンデマンドを含む動画配信サービスを使う方にメリットが多い

    今回は、海外からJCOMオンデマンドを視聴する方法やVPNについて詳しくご紹介しました。

    JCOMオンデマンドは、著作権など様々な問題で海外からの利用を制限しています。

    VPNを使用することで簡単にジオブロックによるサービスの利用制限が無くなり、自由に日本のコンテンツを楽しむことができます。

    NordVPNなど品質と信頼性の高いVPNを利用すれば、ユーザーのプライバシーが保護されるだけでなく、ネットワークの安全が守られます。

    無料VPNの場合は、ユーザーのプライバシーを侵害し個人情報を売買することで利益を得ているケースが多く、通信も不安定なので優秀なVPNサービスを利用することをおすすめします。

    海外から日本コンテンツを楽しみたいのであれば、ぜひVPNを試してみてください。

    目次